新品互換用パソコン バッテリー、ACアダプタ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://shimokitazawa.areablog.jp/thomasbattery

ノートパソコンのバッテリーを長持ちさせる方法

最近はひと昔前にくらべて「タブレットPC」等も発売されていることから「随分バッテリーも長持ち」するようになりました。ただ、まだまだ機能の良いタブレットPCは高くて買えない方も多いと思います。ひと昔前のパソコンでも「一工夫」するだけで「結構バッテリーを長くもたせる」ことができます。今回は「複合技」でバッテリーを長くもたせる方法を流れで書いていければと思います。それではお付き合いよろしくお願いします!

バッテリー消費量を減らす方法

まず、ノートパソコンのバッテリーを減らさなくするためには「バッテリーの消費量」を減らすことが大事です。

当然といえば当然ですが。

実際一度やってしまうとしばらく設定等も少なくなるのでやってみましょう。

ただし、どうしても不便と思ってしまうようでしたらあきらめて新しいのを買うか、コンセントのある喫茶店を探して作業をすることをおすすめします。

その1 画面設定の調整

ノートパソコンでもっともバッテリーを消費するものの一つが「明るいディスプレイ」です。コンセントにつないでいるときは「バンバン明るく」てもいいかと思いますが、「日中の外」で作業しない限りは「喫茶店」や「取引先」等の室内では、そこまで明るくなくてもあまり不自由なく作業ができるかと思います。

まず明るさの調整から始めましょう。ノートパソコンのキーボードショートカットなどを利用して、目に負担がかからない程度にまで画面の明るさを下げてください。Windowsの「設定」では「システム」を開き「ディスプレイ」で、macOSでは「システム環境設定」の「ディスプレイ」をクリックして、より細かい設定をすることができます。

それと何も作業しない時間はシステムもハードディスクそうですが、画面も何もいじってない時間は「すぐにスリープ」になる設定にしておきましょう。通常のパソコンであれば「電池のマーク」をクリックすると「バッテリーの設定」があり、節約モードがあると思いますので、そちらで画面及びハードディスクのスリープ時間の設定をしてみてください。

その2 バックグラウンドで起動しているプログラムを閉じる

「セキュリティソフト」や「その他エンタメ系ソフト(特にソニー系のパソコンにはたくさん入ってます)」が気づかないうちに後ろで動いており、パソコンのバッテリーを奪っていることが多いです。

下記のソフトで消費電力をチェックして多いものはアクティブをとめるかあまり使ってなければアンインストールしましょう。

その3 マウスやキーボード等は有線

Bluetooth等無線でつなぐマウスやキーボード、ヘッドフォンをつなぎながら持ち歩くと接続を探す分の電力を消費しますので、できれば有線のものを使えると消費量はへらせます。

その4 インターネットが必要ではないところではWifiをきる

その3にも通じるところがありますが、Wifiにつなげるだけでも消費電力が結構奪われます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?どうしても古いものをそのまま活かしたいのであれば今回の方法は役立つと思いますが、いろいろと制約がでてしまうことも多いのでお金にある程度余裕があるので自宅ではデスクトップPC等「据え置き型」で「持ち運び用」はタブレット

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shimokitazawa.areablog.jp/blog/1000252550/p11655080c.html
NEWS | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
ノートPCバッテリー 、ACアダプタ
プロフィール

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 103 3506
コメント 0 0
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック