下北沢散策

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://shimokitazawa.areablog.jp/wprblfonx0238p

下北沢の魅力

1927年に下北沢駅が開業すると、元々水田であった駅周辺に商業地が形成され、その近傍が急速に宅地化されていったが、これに、街路など公共スペースの整備が追いつかず、その結果、狭小な街路の多い街並みとなって行き、今日に至っております。
下北沢は、テレビや雑誌などで、吉祥寺、三軒茶屋、自由が丘、中目黒、代官山などと並んで紹介されますが、下北沢は、こうした街並みの特性から、他の街にはない魅力を持っております。
それは、一言でいえば、狭い路地に新旧の店舗が混在する、戦後の闇市的な「ごった煮の雑踏」にあるのではないでしょうか。また、若者の街や最新ファッションの街に加えて、小劇場の求心的な地域として紹介される事が多いのも魅力の一つです。
昭和レトロを色濃く残した昔のままの姿で、庶民的な商品を取り扱う店舗と、若者向けの商品を取り扱う洒落たセスンの、新しい店舗が混在する雑多な雰囲気が、多くの人を引き付けているのでしょう。また、国士舘大学の梅ヶ丘キャンパス、明治大学の和泉キャンパス、東京大学の駒場キャンパスなどが近く、多くの学生が訪れております。
しかし、残念なことに、2013年に下北沢駅が地下化され、それに伴い、駅周辺も再開されて、ごちゃごちゃした商店街がなくなり、どこにでもあるようなオシャレな街並みに変わってしまうのかと思うと、寂しい気もします。これで、下北沢の魅力も半減するのでしょうね。

ブライダルエステの魅力とは




下北沢
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shimokitazawa.areablog.jp/blog/1000085970/p10960060c.html
シヨッピング | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
シューズの選び方
<<新しい記事へ
このブログトップページへ
ブログイメージ
下北沢の話題を紹介
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 2 2077
コメント 0 1
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック