人間に守爱

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://shimokitazawa.areablog.jp/draper

聞いて天地间の雪の音

故郷の気候の四季のたびに、冬の卷一音が聞こえたが、私の最もカザノヴァ一試合当たりに雪が落ち、圣夜の雪を见て、心も雪のメロディーが踊っている。明日は中国の伝统的な祭りしたお正月した。走行の帰り道、私は私の吸い込みながらいつの雪も、この雪が昨日からずっと下に、もはや地上にすでに積厚い1階の雪が降った。が、眼には天と地は白い雪の世界の中に包まれていた。
雪が好きで、私は好きに立って、聞いて天地间の雪の音。ちぎれて梨の花びら、溶け込んで多少爱と真情、舞う、人间。手を伸ばして、爱の花びらが、心の中に保存されている春の気配を、春の風景如果1ヵ所だ。私はご満悦の念にまみれ、雪のしなやかとしっとりとした。花君が来て、あなたは梅の香りをかぐ持って、院の一つの便りが茶などに、微风にふいたこと、傲立雪の便り、ごたごたの逋が漂って、私のくすぐりを浸したが、スーッと私の一寸呼吸をしている。生温い香りは、太陽の過客に自分の心を悔いる棲息の魂の一件で、筆婉约の情だ。
お雪も、お梅、お梅の人柄とスタイル。お梅のまぐろの坚忍と。生活学会のことを知って、学会のわだかまりを楽しみの話に心の中で、悲しい不快そうにゆっくりとを忘却した。好ききり片隅で拾って一つの拙笔、模写の作図(さくず、目先の美しい風景引き立つに梅の墨、懐しまぬ一本、手に詩を、抱いて诗人の心が自分の心の美しい温纯歳月の中で。私の文字は简単に、普通、があればいいが、懐が私の真情の表れで、私は人生の中でその図柄の物語。
生活の安否を、念のこと、一、明媚、家族や友达と一绪に歩いた日々を、私の生命の中では花の香りに満ち、盈满詩的な思い出!
雪、圣夜を祈って、美しい、新春に一泥祭りの色彩を加えた。この正月は、真っ白な雪の世界で过ごした。雪にかくれ、純粋にしみ、こうして落ち、春の梅の間、静かに降る雪の後、雪一簇簇圧、春の枝、これが一年にも希望に満ちていて、雪を彩るのは、な日差しの下では、天と地のまぶしい光芒を送った。のような景色は私を感动の涙に心のかくれた白いで过去にしっとりとします。自分の最も真実だけを、简単になって、楽しくて、明媚て、偽装する必要もない、ないと云うと、一枚の春のエンロン守、踏ん季節明媚な暖香、心に清浄な雪の中を送りだした。梅と雪のつややかで鎖国の修行は、春と冬の国境で軽い心が一緒に。
好き、好きな積もっ风景の足元の雪を踏んでぱりぱりに声を、それは一种の魂の声から、それは一种の快适な生活をした。放出好き、雪の上に、子供とともに雪だるまの快楽、思い出しても子供と一绪に游びのたち、今私たちは各奔东西が、あの思い出だけは香りて过去の动く。それらの爱があって、それらが暖かく、それらが喜び、歳月のキャラを一杯无量心事あからさまにする。
今夜は、月光に番では、いつも、自動車の笛が、通行人の笑い声、それは帰宅の足音、どんな家が離れ、帰宅の路が厳しく、阻止しない子も帰りの足。心は温暖の寒い日ええ、明日は帰路になったは、帰路に自宅に戻った。
窓のない部屋は、月光の明るい昼の如く、时々子供たちの笑い声、テレビでほほ笑む滑らかな音楽、私は如水の夜、抱き合って、家族のもとに暖かい。




聞いて天地间の雪の音
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shimokitazawa.areablog.jp/blog/1000240957/p11588981c.html
qita | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

いつもブログ読ませてもらっています。
また見に来ますね。

[ 大通駅の美容室 ] 2017/05/31 23:40:35 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
凌子イメージ

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 2 143
コメント 0 1
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック