下北沢を愛するある韓国人

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://shimokitazawa.areablog.jp/seijouc

街掃除はお客を集める!

 最近、下北沢の南口に新しい、店舗がオープンしています。

しかし、既存の店舗も多いので、限られたお客を引き寄せるのは

そう簡単ではないことと思います。

 

ある、運動靴屋さんがあしますが、いつも、ユニフォーム姿で駅近辺を掃除してくれました。僕は、そこで高い靴を買ってあげました。あそこで、買いたいという思いが湧きました。

 

新しく、店舗を始めるオーナ、従業員は「お店のイメージ作りのため」にも街のゴミ拾いに積極的に取り組んだら良いかと思います。

 

そうしたら、そのお店で何かを買いたいと思わされるお客が自然と増えると思いますね!尽くした分は必ず、戻ってくるものだと思います。

 

     



街掃除
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shimokitazawa.areablog.jp/blog/1000031843/p10508611c.html
随想録 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

日高屋の素早さ!

   

先日、下北沢の南商店街のメインとおりにある、

中華料理日高屋に行きました。店内もウッド色で明るく清潔で何より涼しい・・

 

女子の店員さんが、素早く来てくれて注文を取りました。

僕は、どんこつラーメンを注文しました。

 

暫くして、ニンニク入りのどんこつラーメン!

手頃な値段でとっても気持ち豊に頂きました。

 

お水も美味しかったです。

 

一度行かれたら気に入りますよ!!!

 

   

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shimokitazawa.areablog.jp/blog/1000031843/p10454117c.html
随想録 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

事実と真実

歴史の中には、その時の事実が歪曲されて知られて、

後の時代に正される場合があります。

 

イエスの十字架の死が当然のように

言われていますが、ゴリンド人への手紙2.8には

「その時代の人々に知恵がなくて、十字架にかけた」とあります。

 

今日、統一教の創始者、文鮮明師に対しても、色んな秤で見られていますが、

確かに、歪まれた事実が多く知られています。それが、統一教会のイメージにもなっています。

 

今になって、「文鮮明自叙伝」が出てあります。

是非、事実をあるがままに、接して頂けたらと思います。

 

そして、統一教会の合同結婚に対してもあんまりにも誤解が多いですね。

 

事実が事実とおりに伝われなく、真実が真実として伝えられてないところを

是非、見て頂けたらと思います。



真実
goodポイント: 2ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shimokitazawa.areablog.jp/blog/1000031843/p10420131c.html
随想録 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

譲り合いの心!

  

 

月曜日の朝、秋葉原駅での人身事故で京浜東北線、

山手線とも大幅遅れた。満員電車でぎゅうぎゅう詰め、

乗るときは順番に乗るが、降りるときは大変な状態!

 

人も多いので仕方のないこどだが、是非、降りるときには譲り合って

降りる文化が定着されたらいいなと思いますね!

地方暮らしの時には、伸び伸びしている感じが多かったですが、

東京で生活してみたら、人の多いところなので、いらたち易いですが、

ストレスは自分に損ですので、気持ちをよく治めるのが得ですね!

 

今日も、共生、共存、譲り合い、助け合いの精神で生きれば、

我々の一日の生活がより豊かになると思います。

 

  

 



譲り合い
goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shimokitazawa.areablog.jp/blog/1000031843/p10419011c.html
随想録 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

強風で空気スッキリ!

 

今日は、昼頃から強い竜巻のような風が吹きました。

ここ数日間、蒸し暑く溜まっていた悪い空気をもって行ってしまうそうな

強風でした。お陰で東京の空気も大分スッキリになりました。

 

文鮮明師の教えの中に、「台風は大気の大掃除である」とあります。

宇宙、地球は自らの状態を保つために、絶えず自浄作用をやっているかも知れません。体にも異常があれば、急に何かが起こり病院に運ばれますように、地球の中にも本来の状態を維持しようとする何らかの作用があるんではないかと思われます。

 

勿論、運悪く犠牲になられる方々は大変なことでしょうが...

この世には人間の力では、どうにもならない事が自然災害だと思います。

 

長い宇宙形成の歴史の中で、人間の生100年というのは、あんまりにも短い期間だと思います。この期間、我々人間はそれぞれの生き方の中で何かを残して、地上の人生を終えて行くのだと思います。

 

今日も、自然の流れに順応して与えられた道をゴツゴツと歩んで行きます。

日本社会は、長き自然との闘いの中で、こういう所に慣れてきた国だな

と最近、気づきつつあります。華々しく成功や勝利よりは、努力した分だけの結果に感謝、満足する生き方でしょうか?

 

今日も、ありがとうございます。

 

 



強風
goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shimokitazawa.areablog.jp/blog/1000031843/p10418722c.html
随想録 | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

ほどよい強風は気持ちがいいですね!

[ MLB動画ブログ ] 2016/07/31 1:47:51 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

町を歩いて

    

 

昨日は、下北沢の南口商店街を歩きました。

 

茶沢通りの方に下ったら、居酒屋の食堂のオーナが

東北の震災地に支援に行って、食事を作って配られた写真が貼ってありました。

僕は、その食堂にはまだ行ったことはないんですが、

温情の歩みをされたなと思いました。

 

先日も渋谷の道玄坂にある、「丸亀讃岐うどん」に寄りましたが、

何と下北沢には、4月7日から開店オープンされていました。

作る台所が全部見えて、注文もしやすく誰でも食べれるお値段でした。

 

夜、テレビをつけたら、気仙沼市の被災者のある男性が、

今回の大地震で、妻・娘二人・妻の両親を失い、息子一人しか残ってないのにも牛乳配達屋の仕事を再開し、この地に恩返しなければならないという決意で

頑張っている内容が映りました。そして、息子とキャッチボールをしている、

そのお父さんはまるで、お釈迦様のような顔でした。

 

家族を殆ど失っても失意に落ちるのではなく

再び立ち上がる、東北の震災地の方々に心からの敬意を表します。

 

自分はボランチアまでは行っていませんが、

東京の地で環境を愛する生活に心かけて行きたいのです。

 

    



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shimokitazawa.areablog.jp/blog/1000031843/p10417849c.html
随想録 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

町を愛すること、人を愛すること、即ち、天を愛することである

    

 

町を愛し掃除し捨てられた缶やゴミを拾う行動!

人を愛す満員電車や改札口で順番を譲ったり、

電車で座席に余裕があるときには時には、1,3,5,7列に座ること、

 

買い物に行ってカゴや買い物カーを元の位置に戻してあげたり、

人混みの町を歩くときに、他人のために思いやりをもって、

他人の歩ける場所を考えながら歩く行動!

通る道に自転車が倒れていると起こして正しい向きにしてあげたり、

 

食堂のトイレが汚い時には綺麗に拭いてあげて店員に一言、

「トイレ綺麗に拭いて置いたけれど、もっと管理してほしい」と伝えること、

美味しかったら、「とっても美味しかった!作る人の愛が籠もっていたわ!」と

褒めてあげること、

他人の考えも尊重すること、他国の人にも優しく接してあげること!

 

こういうのが、今、我々に必要なことではないかと思う朝である。

東北大震災の後、日本社会に「過ぎし時代への反省」が起こりつつある。

 

思いやり、奉仕する心、家族、希望、良心の呵責、生きることは?

などへの問いかけが我々の心に湧いてきたのである。

 

急がれる都会の生活中で、今日歩くその地を親しく愛する、

毎日、会う人々に優しく接しながら、何かのサービス精神で尽くしてあげる、

太陽に空気に水に感謝の心で生活して行けば、

それこそ、天に通じ、神に通じる道であろう。

 

そういう人の周りには、いつも、

愛・生命・元気・守りのオーラが囲むでしょう。

 

    



goodポイント: 2ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shimokitazawa.areablog.jp/blog/1000031843/p10417044c.html
随想録 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

文鮮明自叙伝

お早うございます。

最近、私たち「統一協会員」たちは

創始者、文鮮明先生の自叙伝、「平和を愛する世界として」の

普及活動を行っております。

 

文師の自叙伝には

文鮮明師の生きて来られた人生路程が

あるがままに書かれています。

 

わが統一教会に対する認識が様々にありますが、

事実とおりに伝えられてないことも事実です。

 

自叙伝は100%真実に基づくと言われています。

 

是非、誰か訪ねて来たら、気持ちよく受け取ってくださり、

お読み頂ければ幸いでございます。

 

今日も、このブログに目をとめてくださる皆様に

喜びと感動がありますように祈ります。

      



文鮮明
goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shimokitazawa.areablog.jp/blog/1000031843/p10416433c.html
随想録 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

うどんが食べたくなった

僕は韓国人ですが、最近、うどんが食べたくなりました。

 

韓国にいた時は、うどんはにはあんまり関心もなかったです。

最近、蒸し暑くなりつつあるのもあるでしょうが、

体は微妙に分かるみたいですね。

 

韓国社会では麺類はあんまり好む文化ではないでしょうが、

日本人の麺類好きな文化にはびっくり!

 

しかし、住んで見ながら、「なるほど!」と共感されつつあります。

 

ご飯は、粒の集まりでしょうが、麺は成分が繋がっていますので、

何となく粘り強さを表すような感じです。(単純!)

 

讃岐うどんに親しみが行きますね!

香川県出身は、何となく頭良く心清い感じがありました。

弘法大師とうどんのお陰でしょうか?

 

      

 

 



うどん
goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shimokitazawa.areablog.jp/blog/1000031843/p10415964c.html
随想録 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

魂を込める!

    

 

筆者は宗教界に身を置いているが、

日本の経営の神様と呼ばれる、松下幸之助を尊敬している。

 

氏の経営哲学(ハングル訳)の本の中に面白い話が出てくる。

 

あるお客から

”どうして同じ電気製品なのにお宅の製品は某社の製品より500円高いですか?”と尋ねられたそうだ。

 

そこで、氏は”弊社の製品には創る人のの魂が入っています”と応えたそうだ。

そして、値引きをしなかったそうである。

 

物には作る人、扱う人の精神的な要素が加味されるのであろう。

深く考えれば人間が作ったものはそう多くない。

総てのものは、土(地球、自然環境)から出てきたものである。

 

宇宙は人間が作ったものではないことは明らかである。

原因者がおられるはずだ。私が親からできたように、創造主がおられる筈だ。

 

創り主の愛、誠、魂が込められて森羅万象が作られてある。

私たちが何かを作るときに、軽く創らないように、正常な親なら子宝を授かるのに、酒を飲んで気持ちで創らないのと同じように・・・

 

ものの中に既に、魂が入っているのである。

文鮮明師の教え=統一原理では

「万物の中には無形での知情意的要素が内在している」とある。

 

ゆえに、ものを大切に扱う人には、ものがお礼としてよってくる。

冨ある方は先祖代々から殆どものを大切にして来た習慣ができている。

 

商売も事業も教育も宗教も、人を相手にする総ての活動に

誠、魂を込めた扱い、接し方、心得で臨んで行けば、

間違いなく上手く行くだろう!

 

下北沢の町、東京、母性の国日本が、

もっと復興、繁栄されることを祈る朝である。

 

     

 



goodポイント: 3ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shimokitazawa.areablog.jp/blog/1000031843/p10414743c.html
随想録 | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

下北沢は若者の街 良い所にお住まいです

[ とっちゃン ] 2011/05/18 10:07:52 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
亮イメージ
生まれた地を愛する、人を愛する、歴史・文化・伝統を尊重する、天(神仏)を敬う、拘りや偏見を持たない、人のせいにしない、人を怨まない、できれば許す、原因は自分にあると自覚する、国・民族の壁を越える、自分の心身を大切にするように人々にも大切に接する
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 2 28005
コメント 0 9
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック